美肌で過ごす為にも、入浴液で保護することをお薦めします。

美肌で過ごす為にも、入浴液で保護することをお薦めします。

美肌で過ごす為にも、入浴液で保護することをお薦めします。

 

女性は美肌作りのための意識は高いものです。お顔の乾燥は無い方でも、冬場など体が乾燥する場合などあります。お肌の悩みがある女性は、多いのではないでしょうか。冬のお肌の乾燥には、ぬるめのお湯にゆったりと入る入浴はおすすめします。血行を良くして、毛穴を開いて汚れを落としてくれます。お湯につかっているだけで、皮膚の汚れまでとってくれる事となります。

 

ポイントとしては、ぬるめのお湯にゆったりと浸かることで、血行がよくなり体の芯から温まります。この時の湯の温度は、夏には37℃~38℃で、冬でしたら38℃~39℃が良いのです。冬に熱く感じる42℃以上のお湯は、気持ちはよいのですが、お肌をまもってくれている必要な皮脂まで取る事となります。そしてお肌の乾燥がすすむ事となります。

 

美肌をまもるために、この入浴時に入浴液を使うことをお薦めします。お肌の角質層と保湿の関係があります。角質層の、保水機能を毎日のお手入れは大切となります。入浴後のお肌をしっとりとなる様に、守ってくれるバスクリン薬用ソフレ スキンケア入浴後 クりーミィーソープの香りがあります。美肌をまもる為、赤ちゃんからご家族の皆さまも使えます。お米由来のリッチオイルを配合したものです。

 

表皮細胞は、新しいお肌に28日位で、生まれ変わるのです。肌表面に向かい押し上げられる様な状態となります。肌表面の一番上の表面部分の角質層も、毎日のお手入れで変わるものです。