花火

多摩川花火大会2019はいつ?川崎会場の穴場や交通規制、トイレの場所と屋台情報も!

毎年恒例の多摩川花火大会が今年も開催されます!

昨年までは8月に行われておりましたが、今年は10月の開催です!

昨年ゲリラ豪雨による落雷で、怪我人が複数人出たため、時期が変わりました。

変更のあった、多摩川花火大会の実施日時、穴場情報、周辺のトイレの情報、交通規制に関する情報を紹介させていただきます!

万全の準備を期して、花火大会を楽しみ尽くしましょう!

多摩川花火大会はいつ?

花火打上日:2019年10月5日(土)※雨天時:中止

打上時刻:18:00~19:00

打ち上げ数:約6000発×2箇所

場所:場所神奈川県川崎市高津区 多摩川河川敷

多摩川花火大会は、二箇所から6000発ずつなので計12000発と大きめの花火大会になっており人気です。

下記の花火大会が同時に行われる花火大会のことです!

世田谷区たまがわ花火大会 2019

一つ目の打ち上げ場所は、二子玉川緑地運動場内です!

こちらはメインの会場となっており多くの人が集まることが予想されます!

川崎市制記念多摩川花火大会 2019

河川敷で花火が打ち上げられます!メイン会場に比べ、人は比較的少ないですが、屋台は多く出ております!

川崎会場の穴場はここ!

上記の二つの花火打ち上げ場所に対して、よく花火が見える位置をさんポイントほどまとめさせてもらいました。ぜひ参考にしてください!

玉川高島屋屋上庭園(東京都世田谷区玉川3丁目17−1)


二箇所の花火が見える上、飲食店やトイレ等の施設も充実しております!

しかし駅近なことからかなりの混雑が予想されます。とても花火が見やすいのでオススメです。

コヤマドライビングスクール二子玉川校


ここでは屋台も出ており、一般の方でも入ることができるのでオススメです!

トイレもあり、かつ駅からも近いですが、意外と存在が知られておらず、ゆったりと花火を鑑賞することが可能です!

川崎会場


川崎会場付近は、屋台も多くトイレもあり、かつ両方の花火を見ることができ、非常に良いスポットです。

人はそれなりに多いですが、東京側のメインスポットに比べるとまだましな方です。

屋台情報とトイレの場所

屋台情報

14時ごろ〜21時ごろ に出店

多摩川花火大会は、たくさんの屋台が並びます!河川敷沿いに屋台が並ぶことからかなりの混雑が予想されます。

また、世田谷区方面は屋台の数が少なく、かなり並ぶことが予想されるので、屋台を楽しむのなら、川崎方面へとお向かいください

時間帯の細かな指定はありませんが、14時ごろから、屋台が並び出し、花火終了の後もある程度店が並んでおります!

花火終了後1時間程度までは空いていることが多いので、ぜひそれまでにご利用ください!

トイレの場所

トイレは約10ヶ所程度存在します!下記のマップにまとめておりますので、参考にしてください!

有料席にはもちろんのこと、こう秋雨トイレも公園内に多く存在します!

会場が複数個存在しますが、その付近には必ずトイレはありますので、場所取りのときなどに確認しておきましょう!

 

交通規制の時間と場所

10月13日(土)16時から21時ごろまで規制されています!詳細な位置は、下記のマップを参考にしてください!

マップ紹介

上記の範囲が広く交通規制を受けております!

詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.tamagawa-hanabi.com/access/

注意点

当日は花火大会会場周辺で、大幅な交通規制が実施されます!全域駐車禁止となっておりますので、車両で向かうことは困難です。

最悪レッカー移動させられることとなりますので、当日係員さんの指示にしっかり従ってください!

 

まとめ

多摩川の花火大会、川崎会場の穴場や交通規制、屋台、トイレの情報を紹介させていただきました。

多摩川の花火大会は、2箇所同時に開催される珍しい花火大会です!両方の花火が見える位置を陣取ることができればかなりお得です!

花火を堪能しきるために休憩スポットや、屋台情報も確認してください!

夏はゲリラ豪雨が多いので、秋の開催へと変わった「多摩川花火大会」ですが、夏以外にも花火が観れると考えれば喜ばしい限りです。

穴場スポットを利用して、しっかりと花火を楽しんでくださいね!