未分類

ゴミ屋敷とトイプードルと私#まみりこ編2話のネタバレ&感想・考察

ワケあり女子白書で「ゴミ屋敷とトイプードルと私」の続編、#キラキラTuberまみりこ編の連載がスタートしました。電子コミックサイトのめちゃコミックでも読むことができますよ。

第1話はまみりこがウィーチューバ―のトークライブに参加するところで終了しました。

このトークライブの壇上に立つことができるのは登録者100万人以上の大人気ウィーチューバ―だけです。まみりこは観客として参加しています。

第1話に引き続き「ゴミ屋敷とトイプードルと私#キラキラTuberまみりこ編」第2話のストーリーと見どころをご紹介します。

ゴミ屋敷とトイプードルと私#まみりこ編2話のネタバレ

トークライブの壇上を見つめ、「もっと上を目指す」と決意するまみりこに、ひとりの男性が声をかけます。

男性は超有名IT社長の新田潤でした。ゲームやアプリで次々とヒット飛ばしており、女優やモデルにモテモテの勝ち組中の勝ち組です。新田社長は「今度ウチに遊びに来てよ」と言い、連絡先を交換することなります。

場面は新田社長が経営するNEXTERVISION本社に変わり、まみりこは新田社長に招かれオフィスを訪れていました。

新田社長はまみりこに、自分が作った動画配信アプリ「TIMESTABLE」で配信してほしいと誘います。新田社長は自分の「PUSH」をつける=推しチャンネルにすることで、トップページに載り、企業の目にも留まりやすくなると話しました。

まみりこは彼女へのお誘いではなくがっかりしますが、CM出演のチャンスがあると知り、心が動きます。

そこへ「私たちもPUSHしてください」と小さい子連れのママの集団が声をかけます。彼女たちはママサークルでTIMESTABLEに配信している「キラピカママチャンネル」のメンバーでした。

まみりこは代表の古谷聖子から挨拶されます。古谷聖子は企業家で、家政婦派遣会社を経営しています。

聖子は「ライブ配信は若い人の暇つぶしだけにしてはもったいない。だらだらしたトークだけとか、大食いとか?」と、まみりこに嫌味を言います。まみりこは「ママにはスマホに夢中になってほしくない」と言い返し、一触即発の空気になりました。

感想・考察

今回もまみりこの腹黒さ炸裂でした。新田社長に声をかけられた時「新田社長の彼女なんて…登録者激増でしょ♪」とほくそ笑むシーンが印象的です。

素敵な彼氏ができることより、自分が目立てることのほうが嬉しいみたいです。TIMESTABLEに誘われた時は「配信場所が増えても視聴者がバラけて意味ない」と乗り気でありませんでした。

意外と冷静な判断でしたが、CM出演のチャンスもあると知り、テンションが上がり始めます。いかに自分が目立てるかがまみりこの思考の基準のようですね。

まとめ

第2話は新田社長と古谷聖子という物語のキーとなりそうな人物が2人登場しました。同じく今回登場した動画配信アプリ「TIMESTABLE」が軸にストーリーが展開していきそうです。

新田社長はナンパするようにまみりこに話しかけましたが、実はビジネスへのお誘いでした。まみりこの性格を見抜いていて、普通に話しかけてもなびかないと考えていたからでしょうか。頭は切れるけど裏がありそうな人物ですね。

古谷聖子率いるキラピカママチャンネルのメンバーは、意識高い系ママ集団です。本質的にはまみりこと同じ「マウント女子」なので、さっそく火花を飛ばしています。

新田社長の「PUSH」を奪い合ってバトルが繰り広げられるのでしょうか?目が離せない展開になりそうです。